体臭は男性女性、関係なく気になる体の悩みです。
自分では気づかなくても、他人からクサイと思われていることがあるので気をつけたいものですね。
体臭には、加齢臭、ワキのニオイ、足のニオイなどいくつか種類がありますが、最近ではそれぞれに対応したデオドランド商品も多く発売されています。
スプレータイプやロールオンタイプのほかに、ボディソープで体臭を改善するものなどもあります。

体臭のなかでもっとも多い悩みがワキのニオイです。
ワキには他の部位よりも多くの汗腺があり、汗をかきやすいだけではなく通気性も悪いことから、ニオイの原因の菌が繁殖しやすくなります。
ワキのニオイを消すために、制汗剤がよく利用されます。制汗剤は汗の気になる部分に使うことで、ニオイのもとの菌を殺菌します。
スプレータイプの制汗剤は気になる部分に吹きかけるだけでニオイの菌を殺菌し、ニオイを防ぐので大変に便利ですが、使うタイミングには注意が必要です。
菌が繁殖する前の清潔な皮膚にスプレーをすることで成分が有効となるので、汗をかいてニオイが気になり始めてからスプレーしても、殺菌効果はありません。
それどころか、スプレーに含まれる芳香成分と菌が混ざり、余計に悪臭となってしまうことがあるので、必ず清潔な皮膚に使用しましょう。

ロールオンタイプは直接肌に塗布するタイプの制汗剤です。
スプレー同様、殺菌効果でニオイを抑えますが、直接肌につけることでより高い殺菌効果(消臭効果)が期待できます。
実際の実験でもスプレータイプよりもニオイを防ぐ時間が長いことがわかっています。
ただし、ロールオンタイプは塗るのが面倒という意見も少なくありません。
肌に塗布した後には成分が完全に乾くまで待つ必要があり、時間がない朝などには塗り方なども雑になってしまい効果が半減してしまうこともあります。
また、男性でわき毛が長い方などは上手に塗布ができないこともあります。
まれに肌が敏感な方が使用するとかぶれてしまうこともあるようです。

体臭を抑えるアイテムとしてボディソープもあります。
最近ではワキだけでなく、加齢臭などにも効果があるとされるものも多くあり、通常のボディソープよりも殺菌作用が高く、体を洗いながらニオイの菌を抑えてくれる効果があります。
制汗剤同様、ニオイの菌を抑えるのに優れた成分が配合されていますが、これらの殺菌成分は作用が強く乾燥をまねくこともあるので、乾燥肌の方などは気になる部分だけに使うようにしてください。
また菌は抑制されると反応して過剰に分泌をするので、洗いすぎにも注意が必要です。

制汗剤やソープのほかに、体臭予防として香水を使われている方も少なくありません。
いろいろな香りを楽しめる香水は、おしゃれな方のデイリーアイテムにもなっています。
ただし、ご存じの通り、香水はあくまでもマスキング効果で香りを纏うものですから、ニオイそのものを改善する効果はありません。
体臭が気になる方は、香水の香りと体臭が混ざり、他人に不快を与えることになってしまうので必ず制汗剤などでケアをしながらの使用をおすすめします。

さまざまな体臭予防商品がありますが、最近では体の内側から体臭を抑えるサプリメントなども流行しています。
例えば、ローズサプリなどです。
これはバラの香りをカプセルにしたもので、服用することで体から発する汗などのニオイがバラの香りになり、嫌なニオイを抑えてくれる効果があります。
またローズに含まれる作用には体内の浄化作用もあり、汗腺や毛穴の代謝を良くして、ニオイの菌が出にくくなる効果があります。
制汗剤などは菌を防ぐことでニオイを抑えますが、サプリメントは内側から香りを出すので汗をかいてもニオイの心配がいりません。
制汗剤などであまり効果が見られなかった方は内側からのニオイケアをお試しになってはいかがでしょうか?